栗っこ地区kurikko area

レストラン「HACHI」の社員が稲刈りを体験!

 

 栗原市志波姫地区の圃場で9月24日、ハンバーグレストラン
HACHIなどを展開する
㈱オールスパイスの角田秀晴代表取締
役をはじめとする社員ら16人が稲刈り体験を行いました。

 志波姫地区の農事組合法人大江北が作る「栗原・めだかっこ米」
を、同社が使っていることか
ら実施。参加した16人は手刈りや
コンバインでの刈り取りを行った後、生産者と新米を味わい、

の味とその魅力を共有しました。

 角田代表取締役は「収穫を体験し、米の価値観やありがたさを
再認識することで、レストラン
を利用するお客様に食材の良さを
PRしていきたい」と意気込んでいます。

 JAがブランド米として取り扱っている「栗原・めだかっこ米」
は、実際にメダカの住む自然豊かな水田で栽培したもので、
地元
の子どもたちがメダカの放流や捕獲を行うなど、食農教育の役割
も担っています。

 

<笑顔で稲刈りをする角田代表取締役

 

 

 

 

  • 平成30年環境保全米ガイドライン
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP