南三陸地区minamisanriku area

JA新みやぎ南三陸女性部で『IGUNE』取材受ける

JA新みやぎ南三陸女性部気仙沼支部は郷土料理を若い世代に継承しようと、「なだもち」の情報発信をしています。2月21日には、地産地消マガジン『IGUNE』の取材を受け、6人の女性部員が「なだもち」の調理を実演しました。

「なだもち」を作る女性部員
「なだもち」を作る女性部員

 取り上げられた『なだもち』は気仙沼市新月地区の郷土料理で練った小麦粉の生地に餡が包まれているお菓子で、由来はその見た目が木を切ったりする『鉈』のような形をしていることから名付けられました。
同支部の吉田保子副部長は「『なだもち』は小麦粉や味噌を家庭で手作りしていたため簡単に作れる上におなかにも溜まることから農作業中のおやつとして親しまれていました。これをきっかけに多くの人に知ってもらいたいです」と話しました。

 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和3年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカード特典のご案内
PAGE TOP