南三陸地区minamisanriku area

気仙沼営農センターでマツタケの放射能測定器の運用を開始

 JA新みやぎ気仙沼営農センターで9月17日、気仙沼産マツタケの放射能検査が始まりました。

マツタケを放射能測定器に入れるJA担当者(27日、宮城県気仙沼市で)
マツタケを放射能測定器に入れるJA担当者(27日、宮城県気仙沼市で)

 昨年11月に市内産のコウタケから基準値を上回る放射性セシウムが検出され、市内産の野生キノコはマツタケを含めて出荷制限されていましたが、宮城県が野生キノコの出荷管理実施要綱を改定し、非破壊検査によって放射線量が「1キログラム当たり50ベクレル以下」と確認できたものに限り、出荷できることになりました。
 気仙沼市が導入した検査装置を同営農センターに設置、検査業務を行います。
非破壊検査装置で全量検査を行い、放射能が安全基準値をクリアしたものには合格証が貼付されます。
 同日に始まった検査では、事前に出荷者登録された生産者が、検査済み証が張られたものを順次出荷に向けて準備をしていました。
 JAの担当者は「消費者に安全でおいしいマツタケを届けられるよう、出荷者に測定器の運用を指導していく」と話しました。
 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカードポイント1000円相当をプレゼント!
  • JAカード特典のご案内
PAGE TOP