いわでやま地区iwadeyama area

いわでやま地区で水稲種子刈り取り始まる

 JA新みやぎいわでやま地区本部管内で水稲種子の刈り取りが始まっています。いわでやま水稲採種組合の佐々木栄富さんは9月10日、同組合の先頭を切って水稲種子「ひとめぼれ」の刈り取りをしました。
お盆頃の低温により、病害の発生が心配されましたが、その後は天候が回復し、生育は平年並み。今後も天候状況をにらみながら刈り取りを進めます。

水稲種子「ひとめぼれ」の刈り取りを行う佐々木さん(9月10日、大崎市岩出山で)
水稲種子「ひとめぼれ」の刈り取りを行う佐々木さん(9月10日、大崎市岩出山で)

刈り取りした水稲種子は、同地区本部の種子センターに搬入され、24時間体制で乾燥調製し、精選します。精選種子から抽出したサンプルを宮城県に提出し、生産物審査が実施されます。
水稲種子は、高温で乾燥させると発芽率が低下するため、40℃前後で時間をかけ、乾燥機1台あたり約20㌧の乾燥を行います。
JAの担当職員は「穂に実が入る大切な時期に低温注意報が出て品質が心配だったが、高品質な種子になりそうで安心した。来春、稲作生産者に優良種子が届けられるよう今後も優良種子生産に努めたい」と話しました。
同地区本部種子センターの稼働は、10月下旬まで続く予定です。

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカードポイント1000円相当をプレゼント!
  • JAカード特典のご案内
PAGE TOP