いわでやま地区iwadeyama area

2021年産夏そば初検査始まる

JA新みやぎいわでやま地区本部は3日、同地区本部旧鳴子支店で2021年産夏そばの検査を始めました。持ち込まれた「信濃一号」4.57㌧が全量一等に格付けされました。

夏そばを検査するJAの農産物検査員(9月3日、大崎市鳴子で)
夏そばを検査するJAの農産物検査員(9月3日、大崎市鳴子で)

今年は好天に恵まれ、品質は例年並み。
生産者が見守る中、JAの農産物検査員が粒の大きさや水分、容積重を厳正に検査しました。
生産者の株式会社スマイルフィールド代表取締役の中鉢秀俊さんは「今年は去年よりも梅雨明けが早く、収穫が順調に進んだ。全量一等に格付けされ一安心」と話しました。
夏そばは県内の製粉店に卸されるほか、生産者自ら製粉作業を行い、直営店や仙台の蕎麦屋に卸されます。

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカードポイント1000円相当をプレゼント!
  • JAカード特典のご案内
PAGE TOP