いわでやま地区iwadeyama area

鬼首高原ダイコン初出荷

いわでやま地区本部で、8月27日から鬼首高原ダイコンの出荷が始まりました。

鬼首高原ダイコンをトラックに積み込むJA園芸担当職員(8月27日、大崎市岩出山で)
鬼首高原ダイコンをトラックに積み込むJA園芸担当職員

7月の高温・乾燥の天候が続いたことにより、病害虫の被害が懸念されましたが、品質は例年並み。昨年実績と同量の60㌧の集出荷を目指します。
鬼首高原ダイコンは、朝夕の寒暖の差を生かして栽培され、肉質が柔らかく独特のみずみずしさから、口当たりが良く、観光客はもちろん都市部へ出荷されるなど好評を得ています。
同地区本部では、生産者3人が約2㌶に鬼首高原ダイコンを作付けしています。
 同地区の生産者髙橋宏幸さんは「高温・乾燥が続き、病害虫防除に苦戦したが、無事に出荷できて一安心」と話しました。
 JAの担当職員は「今後の天候等にも注意をしながら病害虫防除を徹底し、品質のよいダイコンの出荷をお願いしたい」と呼びかけました。
 同地区本部野菜集出荷所に1箱10㌔入りで集約し、出荷する。初日は420㌔を集荷、出荷は11月中旬まで続く見込みです。

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカードポイント1000円相当をプレゼント!
PAGE TOP