いわでやま地区iwadeyama area

ピーマンを新みやぎ全域に/新みやぎピーマン現地検討会

JA新みやぎは6月8日、重点品目としているピーマンの出荷を目前に控え、大崎市田尻と美里町南郷でピーマンの現地検討会を開きました。

タキイ種苗株式会社奥原課長(右)からピーマンの栽培管理について説明を受ける生産者(左)
タキイ種苗株式会社奥原課長(右)からピーマンの栽培管理について説明を受ける生産者(左)

JAは生育拡大を目的に広域的推進品目としてピーマンを生産振興していこうと生産者への支援体制や独自の助成などバックアップに力を入れてきました。
 当日は26人の生産者が、ハウスと露地で栽培している生産者の圃場を見学。「京ゆたか」を2.5アールで栽培している男澤清治さんのハウスに集まり、栽培方法や出荷規格、市場情勢について学びました。
タキイ種苗株式会社の奥原和武課長がピーマンの生育状況や栽培管理について、株の栄養があるかないかを診断する時のポイントを説明しました。
出荷は6月下旬から、33㌧の出荷を見込んでいます。
 JAの営農担当者は「ピーマンはこれから宮城県の夏野菜として期待が大きい。安定的な経営ができるよう、支援していく」と話しました。

 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカードポイント1000円相当をプレゼント!
PAGE TOP