栗っこ地区kurikko area

「Z-1プロジェクト」で150㌧出荷目指す/栗っこズッキーニ部会現地検討会

JA新みやぎ栗っこズッキーニ部会は5月19日、管内3か所で現地検討会を開きました。生産者、関係者含め35名がこれまでの栽培を振り返り、栽培上の注意点や防除対策などを学びました。
今年は例年と比べ、寒さが長引き生育に遅れが出たり、4月の霜の影響で生育不良に陥った生産者が多かったが、今年は部会員約60人で150㌧の出荷を目指します。
今年はハウスものが4月から6月まで、露地ものが6月から10月までの出荷となります。

栽培管理を確認する部員ら

同部会は生産者、JA、普及センター、栗原市と協力し生産と消費拡大に取り組む「Z-1プロジェクト」で料理フェアの開催や統一段ボール箱の導入、元気くん市場や地元のスーパーのインショップでの販売など有利販売に努め、出荷量、消費量ともに宮城県内の9割のシェアを占めています。

JA職員の説明を受ける生産者ら
JA職員の説明を受ける生産者ら

同部会の佐藤和好部会長は「当部会は高齢化の影響もあり部員は減っているが、同じ数くらい新しくズッキーニ栽培を始める人が増えてきている。県内1の生産地として栗原をより多くの人に知ってもらうよう、PRに力をいれていきたい」と熱意を燃やしました。

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和4年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2023
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカード特典のご案内
PAGE TOP