いわでやま地区iwadeyama area

新採用職員が農家研修

JA新みやぎは5月10日から14日まで、2021年度新採用職員の農家研修を行いました。

サンチュを箱詰めするJA全中新採用職員
サンチュを箱詰めするJA全中新採用職員

 農作業を通し農家の実情を新採用職員が体験し、JAの仕事への理解につなげるとともに、農業の基本的な知識を身に付け、JA職員としての研さんを積むことを目的に毎年行われています。
 新採用職員29人が4班に分かれて、管内の農業法人のもとで田植えや野菜の栽培を体験。みどりの地区は水菜やレタスの収穫・出荷作業、青ネギの調整作業などを体験。南三陸地区ではイチゴの栽培管理や田植えなどを行いました。

苗の積み込みを行う新採用職員(右)
苗の積み込みを行う新採用職員(右)

 栗っこ・あさひな・いわでやま地区は、JA全中の新採用職員と合同で研修を受講。栗原市の有限会社耕佑でサンチュやサラダ菜の栽培・出荷作業、田植えを体験しました。
 研修に参加した新採用職員は「サンチュの収穫は繊細な力加減とスピードが求められ、身を持って生産者の苦労を感じることができた。研修で学んだことを今後に生かし、JA職員としての自覚と誇りを持って業務にあたりたい」と話しました。

 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP