南三陸地区minamisanriku area

南三陸町産「水フキ」出荷ピーク!/18t出荷目指す

南三陸地区管内で生産されている水フキの出荷が最盛期を迎えています。

4月12日から出荷が始まり、ハウス物は5月中旬頃、露地物は5月下旬まで、市場出荷と加工用合わせて18tの出荷を目指します。

同地区本部管内では生産者17戸、栽培面積約4haで栽培が行われています。
南三陸町志津川地区の遠藤昇さん宅では4月22日、早朝から収穫が行われ、パッケージに包み箱詰めをして出荷しました。

遠藤さんは「去年はこの時期に3Lサイズのフキを出荷できなかったが、今年は例年より早く出荷できた。来年は連作障害の影響で収量が少なくなることが見込まれるため生育管理に気をつけたい」と話しました。

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP