南三陸地区minamisanriku area

南三陸米の播種作業開始/今年は2万6千枚

JA新みやぎ本吉育苗センターでは1日から南三陸米の播種作業を開始しています。
今年は前年より1000箱多い150ヘクタール分の2万6千箱の水稲を播種。気仙沼市、南三陸町など283戸の農家に引き渡されます。

 

積み込み作業をするセンター作業

同センター管理者の三浦正史さんは「今年は例年より朝と日中の温度差があり、温度管理が大変だが、農家の労力軽減のために予定通り出荷できるよう頑張る」と話しました。

作業は温湯消毒した種もみを、大型播種機を使い一日1500枚ずつ播種。その後育苗センターのハウスで管理します。

同センターは田植えの時期に合わせ22日まで毎日稼働し、5月上旬に注文者に引き渡す予定です。

 

JA新みやぎの公式YouTubeチャンネルを開設しました。是非ご覧ください!

 

 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP