南三陸地区minamisanriku area

担い手105組織へチップソーを贈る

JA新みやぎ南三陸地区本部は中山間地農業の活性化と農村集落の景観維持活動を支援しようと気仙沼市・南三陸町・登米市津山町の担い手105組織へ刈払機用のチップソー約1,900枚を贈りました。

 3月23日の贈呈式では支援を受ける集落組織代表者や市と町の担当者らが出席しました。


高橋澄本部長は「集落単位での農地維持活動は災害防止にもつながる。作業時の事故に気を付けて、ぜひこのチップソーを活用してほしい」と話しました。
南三陸町の新童子下(しんどうじした)保全組合の阿部博之さんは「高齢化により草刈り作業は年々難しくなってきている中、このような支援はありがたい。農地維持のためにも今後頑張っていきたい」と話しました。

チップソーを贈呈する高橋本部長㊧と阿部博之さん㊨

同地区本部では2018年度から、チップソーの現物支給を行っており、今回で4回目の実施となります。

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP