いわでやま地区iwadeyama area

仙台牛予約販売

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、需要が落ち込んでいる牛肉の消費拡大につなげようと、玉造和牛改良組合真山支部の支部会員40人が3日、「仙台牛」を購入しました。

 同支部は「真山支部GoTo『meat』キャンペーン」と題し、消費拡大運動を展開。事前に注文を取りまとめ、同日支部会員に手渡しました。

 管内の畜産農家を応援しようと、泉平和支部長が企画、支部会員に購入を呼び掛けました。

 焼き肉用(380g、3500円)、スライス(同)、サーロインステーキ(同)の3種類。合わせて120セットの注文がありました。

 同支部の泉支部長は「コロナ鍋で、肥育生産農家が大切に育てた黒毛和種の価格が低迷している。同じ畜産農家として応援したいと思い、今回の畜産農家と協力し合い、窮地を乗り越えていきたい」と話しました。

▲支部会員に「仙台牛」を手渡す泉支部長㊧

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP