いわでやま地区iwadeyama area

大豆初検査

 JA新みやぎいわでやま地区本部は27日、同地区本部西大崎倉庫で2020年産大豆の等級検査が始まりました。管内の生産者から集荷した「ミヤギシロメ」30トンと「タンレイ」3トンを検査し、品質は例年並みとなりました。

 JAの検査員は「紫斑病やしわなどの被害粒が見受けられた。7月の開花期に日照不足や低温の影響が出ているが品質はまずまず。今後も公平かつ公平な検査をしていく」と話しました。

 同地区本部管内では、昨年より5ヘクタール増の85ヘクタールで「ミヤギシロメ」と「タンレイ」を作付けしており、100トンの集荷を見込んでいます。

 大豆の等級検査は12月下旬まで続く予定です。

▲大豆を厳正に検査するJAの農産物検査員

 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和3年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカードポイント1000円相当をプレゼント!
  • JAカード特典のご案内
PAGE TOP