いわでやま地区iwadeyama area

水田農業対策に関する要請

 JA新みやぎいわでやま地区本部は20日、大崎市の高橋英文副市長に「水田農業対策に関する要請書」を提出しました。

 同地区本部の鈴木千世秀地区本部長は、大崎市の宮城県古川農業試験場を訪れ、コロナ鍋で主食用米の需要縮小を懸念し、2020年産米の緊急需要調整対策と、今後の米価の維持、稲作経営の安定を図るため、21年度以降の転作拡大への支援を要請しました。

 鈴木地区本部長は「新型コロナウイルス感染拡大で、米の需要が落ち込んでいる。行政とJAと生産者が協力し合い、この窮地を乗り越えていきたい。そのためには、地域再生協のさらなる体制強化と支援をお願いしたい」と訴えました。

 高橋副市長は「市としても、関係機関と情報を共有し、将来を見据えた稲作経営の安定等、要請事項の実現に向けて取り組んでいきたい。」と応えました。

▲高橋副市長に要請書を手渡す鈴木地区本部長

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和3年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
  • JAカードのご入会とご利用で、最大10,000円相当のポイントプレゼント
  • JAカードポイント1000円相当をプレゼント!
  • JAカード特典のご案内
PAGE TOP