いわでやま地区iwadeyama area

大豆適期刈り取り検討会開催

 JA新みやぎいわでやま地区本部は11月5日、大崎市岩出山の千葉順一さんの圃場(ほじょう)で大豆適期刈り取り検討会を開き、大豆の生育状況と刈り取りのタイミングについて確認しました。

 播種(はしゅ)は適期に行われましたが、7月の多雨と日照不足の影響で、生育不良でした。しかし、8月の好天で生育は例年並みに回復しました。

また、梅雨が長引き薬剤防除や中耕培土が進まず、難防除雑草と青立ち株が見られました。

 大豆生産者とJAの担当職員、大崎農業改良普及センターの担当職員ら10人が圃場を確認しました。

 大崎農業改良普及センターの副士柾人技師は「現在は成熟期に入っており、11月中旬には刈り取り時期になる。自分の圃場を観察して、適期刈り取りをお願いしたい」と呼び掛けました。

 生産者の大山久さんは「7月の天候不順で防除等思うようにできず、生育が心配だったが品質はまずまず。茎や子実を確認し、刈り取り時期を見極めたい」と話しました。

 同地区本部では、「ミヤギシロメ」と「タンレイ」を85ヘクタールに作付けし、100トンの集荷を見込んでいます。

▲「ミヤギシロメ」の生育状況を確認する生産者ら

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP