南三陸地区minamisanriku area

小泉幼稚園児童がもち米の稲刈りに挑戦/実りの秋を満喫    

宮城県気仙沼市立小泉幼稚園の児童ら20人は10月2日、同幼稚園敷地内の田んぼでもち米の稲刈り体験を行いました。

 

 

 収穫したもち米の苗はJA新みやぎ南三陸地区本部が提供したもので、品種は「みやこがね」。粘りが強く、ふっくらとコシのある餅ができるのが特徴です。

今年の5月下旬にJA職員の指導のもと、同幼稚園敷地内の花壇を改修した田んぼに、児童らが苗の植え付けを行いました。

 稲刈り当日は、児童らは長く大きく育った稲に驚きながら、はさみを使用し、指を切らないように気を付けながら収穫に挑戦しました。

 

 収穫した稲は、園庭にある鉄棒にかけて乾かし、今月末に籾(もみ)から玄米にする脱穀作業を行い、年末には餅にしてみんなで食べる予定です。

 

 

 

 齋藤五月園長は「栽培する中で、いろいろな苦労がありましたが、無事実ってくれてうれしいです。子供たちと美味しいお餅をたくさん食べたいと思います。」と笑顔で話しました。

同地区本部では毎年、子どもたちに食や農への関心、作物を育てる楽しみを感じてもらおうと、管内の幼稚園などで野菜作りの食農教育のサポートを行っています。

 

  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP