いわでやま地区iwadeyama area

イチゴ親株苗生育状況を確認

 JA新みやぎいわでやま地区本部は9月25日、大崎市岩出山の佐々木正彦さんの圃場(ほじょう)でイチゴ親株苗の生育状況の確認と葉の栄養状況を確認するため、サンプルの葉の摘み取りを行いました。

 今年は梅雨明け後、高温が続きましたが、葉が焼けることなく順調に生育しました。また、一部でチョウ目の幼虫や、アブラムシが見受けられましたが、防除を徹底し、良質な苗として生育しています。

 佐々木さんとJAの担当職員、大崎農業改良普及センターの担当職員、宮城県農業・園芸総合研究所の担当職員、みやぎ農業振興公社の担当職員ら8人が圃場を確認しました。

 みやぎ農業振興公社の遊佐考技術主査は「ランナーも太く、順調な生育。今後、1.5から2枚葉かきを行い、適期追肥と病害虫の防除の徹底をお願いしたい」と話しました。

 JAの担当職員は「佐々木さんは管内で唯一、イチゴ親株苗を出荷しており、毎年健苗を出荷していただいている。JAとしてもイチゴ親株苗栽培の推進を強化していきたい」と話しました。

 佐々木さんは2020年度、宮城県オリジナル品種「もういっこ」の親株苗27000本の出荷を見込んでいます。

▲イチゴ親株苗の生育状況を確認するみやぎ農業振興公社の職員ら

  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP