いわでやま地区iwadeyama area

2020年産米初検査・全量一等に

 JA新みやぎいわでやま地区本部は23日、同地区本部西大崎倉庫で2020年産米の検査を始めました。持ち込まれた「ひとめぼれ」13.32トンが全量一等に格付けされました。

 7月は小照、多雨により心白粒等の品質低下が心配されましたが、品質は例年並みです。

 生産者や集落受検組合長が見守る中、JAの農産物検査員が水分や被害者の有無を厳正に検査しました。

 藤原光太農産物検査員は「台風により、稲が倒伏するなど被害が頻発する時期のため、適期刈り取りと適切な乾燥、調整をお願いしたい」と呼び掛けました。

 新米は10月1日から、同地区本部メルカド四季彩館と米工房(あ・ら・伊達な道の駅内)で販売されます。

 

▲新米を検査するJAの農産物検査員

  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP