南三陸地区minamisanriku area

生き物観察会を開催/地域の自然に触れる

JA新みやぎ南三陸地区本部は9月8日、多様な生き物が住む豊かな環境が安心・安全なお米を育んでいることを学んでもらおうと、

登米市津山町の横山不動尊周辺の水路で生き物観察会を開催し、登米市立横山小学校(同町)の4年生16人が参加しました。

 

生き物を探す児童
生き物を探す児童

 

地域の水環境の維持に努める津山農地・水環境保全隊やJA職員などが授業のサポートを行いました。

 児童は、水路に入り泥だらけになりながら生き物を探し、カエルやドジョウ、ザリガニなどを虫網ですくい上げると歓声をあげました。

網の中の生き物を見る児童
網の中の生き物を見る児童

 

また、捕まえた生き物の名前や、カエルの種類の見分け方など、生物の豊かさや生態系についても学びました。

「ナマズのがっこう」の三塚牧夫事務局長からカエルの種類の見分け方について学ぶ児童
「ナマズのがっこう」の三塚牧夫事務局長からカエルの種類の見分け方について学ぶ児童

 

児童の一人は、「カエルやドジョウなどをたくさん見ることができ楽しかったです。水路の中に生き物がいっぱいいて驚きました。」と笑顔で話しました。

観察会の講師を務めた栗原市の環境保全団体「ナマズのがっこう」の三塚牧夫事務局長は、

「コロナウイルスの影響でイベント開催が危ぶまれている中、開催できたことはとてもうれしい。この活動を通して地域の生き物の変化を感じ、子供たちに自然に親しんでほしい。」と力強く語りました。

 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP