いわでやま地区iwadeyama area

セリ定植

 JA新みやぎいわでやま地区本部管内でセリの定食が始まりました。

8月22日、大崎市岩出山の農事組合法人葛岡は、管内で最大の約40㌃うち約10㌃に定植しました。9月は、上旬と下旬の2回に分けて定植します。

種セリの品質は例年並みで、11月上旬からの葉セリの出荷を見込んでいます。

 収穫、調整したセリは㈱石巻青果へ出荷するほか、今年7月にオープンした「元気くん市場仙台南店」にも出荷する予定です。

 定植する圃場(ほじょう)の畦畔が、イノシシに崩される被害がありましたが、8月上旬に補修し、対策として電気柵を設置して定植しました。

 同法人の鈴木美代表は「昨年は台風19号の被害で、一部作付け出来ない圃場があったが、今年は栽培面積を10㌃増やして作付けする。高品質なセリを栽培し、収量アップを目指したい」と意気込みました。

▲セリを圃場に植える構成員

  • 令和元年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP