いわでやま地区iwadeyama area

農業用廃プラスチック回収で環境保全の推進図る

 鳴子・岩出山地域農業用廃プラスチック適正処理推進協議会は21日と22日、JA新みやぎいわでやま地区本部野菜集出荷所と旧川渡家畜市場で、農業用廃プラスチックを回収しました。2カ所合計で昨年比約1㌧増の15.4㌧の持ち込みがありました。

 塩化ビニール系プラスチック1㌧、ポリ系プラスチック10.2㌧、その他プラスチック4.2㌧でした。

 農業用廃プラスチック回収は、不法投棄から環境を守り、産地のイメージアップを図るための再資源化や、環境保全の推進が目的です。

 同協議会では毎年、年2回の回収を実施しています。

 回収した約15.4㌧の廃プラスチックは専用業者に委託し、サーマルリサイクルとして、火力発電所で使用する燃料等に再利用されます。

▲持ち込まれた廃プラスチックを計量器に乗せるJA職員ら

  • 令和元年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP