いわでやま地区iwadeyama area

鬼首高原ダイコン生育状況を確認

 JA新みやぎいわでやま地区本部は8月20日、大崎市鳴子温泉鬼首の高橋広幸さんの圃場(ほじょう)で鬼首高原ダイコンの生育状況を確認しました。

 7月に入ってから続く曇天や降雨により、全体的に生育は遅れており、病害虫が見られました。

 高橋さんとJAの担当職員、(株)石巻青果の担当職員ら5人が圃場を確認しました。

 今年は梅雨が長引き、播種の遅れや病害虫の防除ができませんでした。

高橋さんは「播いた種が雨に流されたり、マイマイやナメクジの被害があったが、品質は例年並み」と話しました。

 ㈱石巻青果営業1部の尾形晋副部長は「例年にない長雨により生育不良が懸念されたが、8月下旬から出荷できる品質、大きさに生育している」と話しました。

▲ダイコンの生育状況を確認する高橋さんら

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP