いわでやま地区iwadeyama area

夏休みの児童と牛乳パックを使った風車作り

 いわでやま女性部真山支部は18日、真山地区公民館で夏休みの児童を対象に、牛乳パックを活用した風車作りを行い、女性部員5人が地域の児童17人と交流しました。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、需要が落ち込んでいる牛乳の消費拡大と、新しい生活様式が浸透するなかで、地域の子供たちが「おうち時間」を楽しめるようにと同支部が計画したものです。

 児童が持参した牛乳パックに、マジックで色を塗ったり、シール等をデコレーションしたりして風車を作りました。

 参加した只野夏希さんは「青色を中心に使い夏らしい風車を作った」と笑顔で話しました。

▲牛乳パックで作った風車にデコレーションする児童

  • 令和元年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP