いわでやま地区iwadeyama area

業務用カボチャ「くり将軍」と「栗政宗」初出荷

 いわでやま地区本部で、業務用カボチャの出荷が始まっています。今年は天候不順により、病害による被害がありました。そのため葉が枯れ、果梗の日焼けが懸念されましたが、日焼け果もなく生育は良好です。昨年実績11.4㌧を上回る14㌧の集荷を目指します。

 業務用カボチャは、風乾や磨いたりする必要がありません。そのため出荷時の手間が省け、省力化につながることが利点です。

 集荷は7月31日から始まり、8月1日に初出荷されました。

 同地区本部野菜集出荷所で500㌔の鉄コンテナに集約し、出荷します。初日は1㌧を集荷、出荷は8月末まで続く見込みです。

▲業務用カボチャを鉄コンテナに集約する生産者

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP