いわでやま地区iwadeyama area

枝豆現地検討会開催

 JA新みやぎいわでやま枝豆部会は7月20日、大崎市岩出山の生産者圃場(ほじょう)で枝豆現地検討会を開きました。7月に入ってから続く曇天や降雨により、全体的に生育は遅れており、湿害が見られました。

 生産者とJAの担当職員、カネコ種苗㈱と㈱渡辺採種場の職員ら12人が圃場3ヵ所を巡回しました。

 開花期以降の栽培管理について、カネコ種苗㈱の佐々木淳課長代理は「病害虫の被害が散見される。薬剤防除の徹底をお願いしたい。湿害の影響で生育が遅れている圃場は、樹勢の回復を促すために、液肥による葉面散布を行ってほしい」と呼び掛けました。

 いわでやま地区本部では、30日頃から出荷が始まり、8月中旬に出荷最盛期を迎えます。

▲枝豆の生育状況を確認する生産者

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP