いわでやま地区iwadeyama area

だて正夢・金のいぶき現地検討会開催

 JA新みやぎいわでやま地区本部は7月8日大崎市岩出山の生産者圃場(ほじょう)でだて正夢・金のいぶき現地検討会を開きました。全体的に生育は順調に進んでおり、草丈と茎数は平均並みで、葉色はやや淡い色でした。

 生産者とJAの担当職員、大崎農業改良普及センターの職員ら23人が圃場3ヵ所を巡回しました。

 県農業改良普及センターの福祉柾人技師は「今後の気象状況で、窒素栄養不足による葉色の急激な低下が考えられる。生育を見ながら適期追肥が必要」と呼び掛けました。

 同地区本部では、2018年デビューの宮城県産ブランド米「だて正夢」の作付け面積が、19年度の32㌶から20年度は50㌶に拡大しました。年々需要が高まっているため、21年度は栽培面積を20㌶拡大し、70㌶を目指します。

▲「だて正夢」の生育状況をする生産者

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP