いわでやま地区iwadeyama area

宮城県農政部長視察

 宮城県の佐藤夏人農政部長が3日、大崎市岩出山を訪れ、新型コロナウイルスにより市場価格の下落や、消費低迷などの影響を受けた畜産農家を視察しました。

 繁殖牛23頭の経営に取り組んでいる、同市岩出山の野村さんは、「BSE(牛海綿状脳症)や、東日本大震災を経験して、今回の新型コロナでも市場価格が下落している状況は、致し方ないと思ってはいる。大崎市の導入助成制度はあるが、地区を限定せず、幅広い助成制度があると繁殖、肥育農家も助かる」と要望しました。

 佐藤農政部長は「これ以上畜産農家が減少しないよう、宮城県としても支援策を考えたい」と応えました。

▲話し合う佐藤農政部長と野村さん

  • 令和元年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP