栗っこ地区kurikko area

Iotを農業に活用!・「e‐kakashi」で水稲栽培データ収集 (第2弾 育苗編)

 JA新みやぎ栗っこ営農部では、播種(はしゅ)後の水稲育苗ハウスに農業IoTソリューション「e-kakashi」を設置し、環境データを収集しています。管内5人の生産者に協力をもらい、生産者の経験と勘に、データを融合させることでより良い苗づくりを目指します。

 市内瀬峰地区の「萌えみのり」生産者宅では4月20日、職員と生産者がハウスに並べられた育苗箱にセンサーを設置しました。

 健苗育成には、ハウス内の温度を適切に管理することが重要ですが、「e-kakashi」は10分間隔で気温、水温、地温などの環境データを収集、インターネット回線を通じてクラウド上にデータを蓄積します。パソコンやスマートフォンでハウス内の状況をいつでも確認することができ、即時の管理対応が可能となります。

 今後は田植え後の本田にも設置し、データを収集していく予定。JA職員は「蓄積した環境データと栽培マニュアルに基づいた作業データを合わせることで、収穫量を上げ、高品質米の栽培指導に役立てたい」と話しています。

育苗箱に「e-kakashi」のセンサーを設置する職員㊧と生産者㊨

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP