いわでやま地区iwadeyama area

家畜の命に感謝を 獣魂祭を開催

 玉造和牛改良組合は3月22日、大崎市岩出山の古館八幡神社で、獣魂祭を執り行いました。

 部員13人と当地区本部の畜産担当職員が参列し、神主による祝詞奏上や、参列者による玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行い、一年間食用として屠畜された家畜の御霊を供養し、今後の畜産事業の安全と発展を祈願しました。

 参列した部員は「いわでやま地区本部管内では、昭和55年より獣魂祭を行っている。命をいただくことに感謝し、これからも良質牛出荷に励みたい」と力強く話しました。

▲祈りをささげる参列者

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP