いわでやま地区iwadeyama area

肥育農家が求める子牛を生産するため視察研修開催

 玉造和牛改良組合いわでやま支部は3月17日、JA古川管内の肥育農家2軒の牛舎を視察しました。

 支部の部員8人が参加し、肥育農家がどのような子牛を導入したいか、子牛の導入をする際のポイントを学びました。いわでやま支部の部員の多くが繁殖農家であり、1年1産を目標に子牛の市場出荷を行っています。

 白井正文支部長は「子牛を導入するときのこだわりなどを聞き、繁殖農家としてとても参考になった。さらに飼養管理を徹底し、今後の生産活動に活かしていきたい」と意気込みを話しました。

▲牛舎を見学する部員の皆さん

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP