いわでやま地区iwadeyama area

水稲害虫駆除を目的に水田周辺野焼きを実施

 いわでやま地区本部は3月29日と4月5日、水稲害虫(カメムシ類)駆除に係る水田周辺野焼きを、管内の26集落で実施しました。

 集落単位で一斉に行う野焼きは、年々発生密度が高まる、カメムシの越冬卵減少を目的に行っています。落等の要因となる斑点米の減少と、環境保全米栽培の観点からも、水田周辺野焼きは大きな効果があり、当地区本部と各集落で毎年取り組んでいます。

 野焼きに参加した組合員は「適切な防除で、一等米比率を上げたい」と話しました。

▲野焼きを行う組合員の皆さん

  • 令和元年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP