あさひな地区asahina area

大麦・小麦生育状況に応じた栽培管理徹底を呼び掛け

 2月20日、大麦・小麦現地検討会を開き、管内の生産組織代表者ら10人が参加しました。

 宮城県仙台農業改良普及センターの小田中大輔氏を講師に、大和町の圃場2カ所で生育状況を確認し、越冬後の麦踏みや幼穂形成期の追肥タイミングなど、今後の栽培管理について説明を受けました。

 小田中氏は「麦は越冬前にどれだけ生育を確保できるかがカギ。今年は台風19号の影響で播種が遅れ、生育量が心配だったが回復傾向にある。今後は圃場の状況をこまめに見回り確認して、各作業の適期実施を徹底してほしい」とアドバイスしました。

小田中氏㊧より説明を受ける生産者ら
  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP