栗っこ地区kurikko area

「萌えみのり」生産者が一同に集結・第8回萌えみのり栽培コンテスト開催

 東京都の大手米卸株式会社ヤマタネが主催する「第8回萌えみのり栽培コンテスト」が2月7日(金)、栗原市志波姫地区のホテルで開催され、「萌えみのり」を生産する宮城・秋田・岩手・山形・福島・新潟の生産者らや関係機関、約200名が参加しました。

 あいさつで、㈱ヤマタネ 山﨑元裕代表取締役社長は、「『萌えみのり』の作付けが始まってから10年が経過しているが、これまので歩みに間違いはない。米の業界はこれから5年後、10年後さらに変動していくと思われる。生産者の皆さんと『チーム・萌えみのり』として今後の営農に役立てるようがんばりたい」と話しました。 

 コンテストでは、昨年の「萌えみのり」の生産概況について、高温や日照不足の影響など、厳しい環境が続いたものの、心配されたほどの登熟のばらつきは少なく、平年並みの食味を確保できたと説明がありました。

 また、栽培優秀者の発表と褒賞授与も行われ、栗っこ地区管内の生産者 岩淵幸夫氏が品質部門で第1位を獲得しました。

 「萌えみのり」は水稲多収性品種として位置付けられ、栗っこ地区管内では作付けが始まってから10年が経過しております。面積は年々増加し、令和1年産米では935haとなっています。

 「萌えみのり」は、消費地での業務用米や中食用としてのニーズが高く、安定的な生産出荷が続けられています。

 ㈱ヤマタネは、このコンテストを平成25年から開催しており、「萌えみのり」の品質・収穫量向上に向けた多くの情報を生産地に提供し、生産者の栽培技術向上の場として提供しています。

写真説明=(2月7日、栗原市志波姫地区で)

主催者を代表し挨拶する㈱ヤマタネ 山﨑元裕氏
会場には各産地から多くの生産者が集まった
品質部門で第1位の表彰を受ける岩淵幸夫さん
パネルディスカッションが行われ、各産地の代表者が農業を取り巻く環境について意見を交わした

 

 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP