みどりの地区midorino area

高校生と女性部が交流 地元郷土料理を伝承!

 みどりの女性部フレッシュミズは2月17日、小牛田農林高校農業技術科農業科学コース2年生の生徒と料理交流会を開きました。

 美里町の郷土料理「すっぽこ汁」とJAオリジナルの「みどりの米粉」を使ったブラマンジェ、家の光2月号掲載のイチゴ白玉を作りました。

 すっぽこ汁を初めて作る生徒が多く、部員は野菜の切り方や味付けを指導し、生徒とコミュニケーションをとりながら調理。最初は、緊張した様子だった生徒も、料理が進むにつれ部員との会話も弾み交流を楽しみました。

 農業クラブで会長を務める千葉新人さんは「初めてすっぽこ汁を知り、とてもおいしかった。これからは若い世代が郷土料理を守っていきたい」と話しました。

料理で交流する生徒と女性部員

 

  • 令和元年産環境保全米ガイドライン
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP