あさひな地区asahina area

子牛の適切な飼養管理学ぶ

 1月31日、第15回JA新みやぎあさひな地区本部 繁殖・肥育合同検討会を大和町内で開きました。

 あさひな和牛改良組合及びあさひな肥育牛部会の会員、関係者ら約30人が出席。開会挨拶では早坂豊弘本部長が「英国産牛肉の輸入再開に伴う国産牛の価格の低迷、消費量減少が懸念されている。関係各所と共に消費拡大の方向性を見出していきたい」と話しました。

 検討会では、JA全農北日本くみあい飼料(株)南東北支店宮城営業所の藤井一徳氏が「子牛の飼養管理について」と題し、哺乳期、育成期それぞれの管理や、肥育農家が好む素牛の要件などについて話題提供した。藤井氏は「人工乳(スターター)給与の意義や育成期の粗飼料給与の重要性を理解し、適切な飼養管理に努めてほしい」と話しました。

哺乳期の管理ポイントを説明する藤井氏

 

  • JA新みやぎ 公式チャンネル
  • 令和2年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP