栗っこ地区kurikko area

令和2年産米 多収穫米 「萌えみのり」 の作付推進について

 JA新みやぎ 栗っこ地区本部では、令和2年産米の作付開始に向けて、多収穫で良食味のお米「萌えみのり」の作付推進を行っております。

 令和1年産では管内作付面積935haとなりました。令和2年産では1,200haを目指しております。

 「萌えみのり」の作付けをお考えの方、特徴や栽培方法についてお知りになりたい方などいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい。

 お問合せは、栗っこ営農部米穀生産支援課または各支店営農ふれあい課までどうぞ(※連絡先は、下記のチラシをご覧ください。)。

萌えみのり作付推進について(チラシ)

12月20日に行われた”ぽっちゃり栗原米作付推進大会”では、多収穫米生産部会長の石川和彦氏が、生産者の方々に「萌えみのり」市場ニーズや作付け推進について説明を行いました。

 

 

  • 令和元年産環境保全米ガイドライン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • マイナビ2021
  • JAバンクのカードでキャッシュレス決済をはじめよう
  • 夢が広がる不動産ネットワークハトマークサイト
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JAネットローン
  • JA法人ネットバンク
  • JAグループ
  • 仙台管区気象台
  • 宮城県病害虫防除所
  • よい食プロジェクト
  • 宮城米
  • IGUNE
  • JAタウン
  • JA共済
PAGE TOP